不登校

お子さんの心を第一に

 お子さんが学校に行けなくなり、どのように接することが良いかわからないという相談を多くいただいております。学校のカウンセリングと違い、私たちの不登校相談では学校に行くことをゴールとするのではなく、「お子さんの心を第一に考える」ことを徹底し寄り添うことを大切にしています。

 学校で辛い思いをし続けたり、大きなストレスを受けたりする中で、自分を守るために学校に行かないことを選択するお子さんは少なくありません。この状態になった時は、すでに心の傷が深くなっている可能性が高いため、学校に復帰することを第一に考えるのではなく、お子さんの心のケアを第一に考えていく必要があります。

 早期の段階であれば、学校との連携し、ストレスがかかりにくい環境を整えることで改善するケースは多いのですが、無理をし続けたり相談できる環境(本音を打ち明ける環境)がなかったりすることで学校だけでなく、部屋から出てこれなくなってしまう事があります。その時は、一度お子さんにとって安心安全な環境を作り、心を休ませる必要があります。疲れ切った心では、ストレスに向かっていく力が湧かないのです。この時は、本人のカウンセリングではなく、まず環境を整えるサポートをします。一度カウンセリングを受けどのように環境を整えていくのかを知り実行していくことが重要となります。

 札幌のメンタルサポートここころ北32条店では、お子さんの心を守り回復していくためのアドバイスをサポートする方に向けてお伝えさせて頂いております。

LINE予約はこちら