仕事に行きたくない

基礎的な欲求を満たすことが大切

 職場では、人との関わり・新たな業務・人事異動・システムの導入・売上成績など大小様々なストレスがかかります。このストレスを力に変えるためには、基礎的な欲求を満たしていく必要があります。基礎的な欲求が満たされた状態は、ストレスを成長のチャンスと考え動くことが出来るため、成果が出やすく、達成感も得られやすくなり、その経験が自信へと繋がっていきます。

 しかし、現代社会では基礎的な欲求を満たす環境が足りていないために、仕事でかかるストレスが心の余裕を奪い、心が疲れ切った状態となってしまいます。そして「何もしたくない」「誰とも会いたくない」「休日何も出来なかった」「趣味が楽しめなくなった」などの症状が現れたり、職場に行こうとすると身体が動かなくなってしまったりします。

 実はこの状態で考え方を変えて頑張ろうとすると、悪化してしまうことが多いのです。

 このような場合では、基礎的な欲求で欠けているところを満たしていくことと、疲れ切った心や身体を回復させていくことがポイントとなります。

カウンセリングで「休み方」の改善を

 札幌のメンタルサポートここころでは、最初のカウンセリングでお話を聴きながら基礎的な欲求で欠けている部分を把握していきます。

 その中で、心や身体を休ませる方法を考え、「休み方」の改善に取り組み仕事のストレスに対応できる「心の余裕」を持たせるところからスタートしていきます。心の余裕が少し出てきたら、仕事との向き合い方や捉え方についてカウンセリングを進めていきます。

 しかし、心の余裕ができるとストレスに対処することができるようになるために、捉え方まで変える必要が無い場合が多くあります。カウンセリングで継続して捉え方を変えることも良いですが、心の余裕を作ることで解決することも多くあるので、いつもと少し違うなと感じたら早めにカウンセリングをご検討ください。

LINE予約はこちら