みなさまへ

 メンタルサポートここころは、2015年に札幌の中央区に開業したカウンセリングルームです。心の回復に焦点を当てたカウンセリングで、うつ症状を改善する目的の「うつ病カウンセリング」を始め、心の回復と同時に問題解決に向けた「心理カウンセリング」を中心に活動し現在まで(2021年3月時点)10,000件を超える相談を受けてまいりました。

 2020年は、新型コロナウイルスの影響で2月に札幌独自の緊急事態宣言が発令され、4月16日には、全国に緊急事態宣言が発令され、3密を避けることやマスク着用などの感染防止対策の重要性が求められてきました。新型コロナウイルスはゼロになるということは考えにくく、今後も感染予防の対策が重要となってくると考えられます。

 新しくオープンした「ここころ北32条店」は、安心してカウンセリングを受けてもらえる様に感染対策にこだわったカウンセリングルームです。

安心ポイント①広いお部屋

カウンセリングルーム

札幌中央区のカウンセリングルーム(当社比較)に対して約3倍の広さがあり、窓付きのお部屋を準備致しました。

安心ポイント②換気システム

 2020年秋にオープンした最新のレンタルオフィスは、お部屋の換気についても工夫されています。館内には最新の空気清浄機(空間除菌システム付き)と換気システムにて常に綺麗な空気が館内のロビーや廊下に流れる仕組みになっています。

 その新鮮な空気とカウンセリングルームの空気を入れ替える換気システムが24時間作動しています。また、外気の空気を取り入れるための換気設備もあり、常に換気システムが作動している状況です。

空気清浄機エアシー
空気清浄機Airdog

引用:『SAKURA-N32|レンタルオフィス札幌』https://sky-office.jp/sakura_n32/

安心ポイント③空間除菌システムの導入

空気清浄機『TURNED K』

 光触媒による空間除菌装置(カルテック社の光触媒 除菌・脱臭機『TURNED K』)をカウンセリングルームに導入致しました。

 特に密閉空間における空間除菌・脱臭に適しており、その効果は、一般財団法人 北里環境科学センターでも実証済の装置を24時間稼働させています。

※空間除菌装置は札幌中央区のカウンセリングルームにも設置しています。

安心ポイント④アクリル板・アルコールスプレーの設置

 対面でのカウンセリングでより安心していただけるように、大きめのアクリル板を設置しております。座った時に頭がしっかり隠れる大きさのアクリル板となっています。万が一飛沫が飛んだことを想定しアクリル板は大きめとなっています。また、施設入り口付近にアルコール消毒液があるほかに、カウンセリングルーム内にも手指用のアルコール消毒液を設置しています。

安心ポイント⑤接触を最小限に控えたカウンセリングルーム

 施設内への入り口は自動ドアとなっております。カウンセリングルームに繋がる通路内も階段(2階)を利用することで全く接触をすることなくカウンセリングルームまでたどり着くことが可能です。(エレベーターもございます)施設には仕切りのドアがありますが、カウンセリングルームに繋がる通路までは仕切りドアは無いため階段を使うことで接触リスクはありません。

安心ポイント⑥人口密度が少ない立地

 カウンセリングルームは、札幌市北区北32条にあり札幌中心部から地下鉄で7〜10分の駅(北34条駅)から徒歩2分の場所にあります。高速道路札幌北入り口は車で1分とアクセスしやすいのが特徴です。

 また、近くに大型電器屋さんがあり誰でも1時間無料で使える駐車場もあるため、お車で通いやすく密を避けると点において安心しやすい環境です。

安心ポイント⑦綺麗なお手洗い

 館内のお手洗いは週に2度、私たちが清掃を担当しています。

 お手洗いを安心して、ストレスなくお使いいただけるよう心がけています。また、お手洗いに限らず館内全体の清掃も私たちが週に2度担当させていただくことになりました。

 より快適でリラックスできる空間は、安心し落ち着いてお話をするためにも必要だと考えております。少しでも皆様の不安を取り除けるよう、清掃といった面におきましても日々努めてまいります。

 

スタッフ

 

カウンセラーの紹介

代表 中山裕介

 2015年に札幌でうつ病カウンセリングを中心としたカウンセリングサロン「メンタルサポートここころ」の創業者。当時全国的にも珍しい「うつ病中心のカウンセリング」を実施していたことで、メディアなどにも取り上げられ、現在は「医療機関」「いのちの電話」「警察」などの多方面から、メンタルサポートここころや私たちが所属している一般社団法人日本うつ病サポート協会を紹介してくださりカウンセリングを申し込んでくださるケースが多くなってきています。

 うつ病は誰でもなってしまう可能性がある心の病です。うつ病や心については現在もわかっていないことが多くあり、情報が多岐にわたっていてどれが効果があるのかはっきりしていないのが現状です。しかし、うつ病を克服した人のお話には必ずと言って良いほど共通点があります。

 それは、なんだかんだ言って「ゆっくり休むこと」とお話しされているのです。実は、うつ病や心の病を克服するために大切なことは、ゆっくり休むことなのですが、何をどのように休めると良いのかということを詳しく語ってくれているケースがほとんどありません。

 そこで、私が立ち上げたカウンセリングルームでは「心の回復」を第一に考えながら、うつ症状の回復と社会復帰に向けた「体力の回復」を適切な時期に無理をしないで取り組んでいくお手伝いをカウンセリングでしています。

 うつ症状の改善やメンタルケアに良いことはインターネットにも沢山掲載されています。そのほとんどが正しいのですが、取り組む時期を間違うと症状が改善されないだけでなく、余計辛くなってしまい症状が悪化してしまうケースが多く、うつ病は治らないと言われている要因にもなっているのです。

 うつ病は治る病気ですが「ゆっくり休む」というスタートでつまずいてしまうケースが多いのです。

 「ゆっくり休む」ということが大切なことだと多くの人が知っているのですが、生活のリズムを整えて、日光を浴びて、適度に運動をして・・・とうつ病に良いと言われていることをすぐに実行して「ゆっくり休んでいない」ケースが多いのです。すぐに治したいという気持ちが回復するために一番必要な「ゆっくり休む」を邪魔してしまっているのです。

 しかし、ゆっくり休むことで体力が無くなってしまうのも事実です。生活のリズムを整えたり、適度な運動は体力を回復させる目的だったり、うつ症状によっては体力をキープするために重要な要素となるのですが、今の症状でどのように取り組んだら良いかということがわからないことで回復に向かっていないことがほとんどなのです。

 メンタルサポートここころでは、「心の回復」を第一に考えながら、今の状態に合わせた回復方法を一緒に考えて取り組んでいくカウンセリングを実施しています。

 現在は、札幌でカウンセリングを行いながら、企業のメンタルヘルス研修やスポーツ選手のメンタルケア及びメンタルトレーニングを担当しています。

〜2015年〜
メンタルサポートここころ 開業
札幌初のうつ病を専門にしたカウンセリングをスタート
                                              
〜2017年〜
一般社団法人日本うつ病サポート協会 立ち上げ
カウンセリングの他にうつ病についての知識やサポートする知識を広げる活動
元ボクシング世界チャンピョンの畑山さんと対談

〜2018年〜
プロスポーツ選手のメンタルケア及びメンタルトレーニングスタート

〜2019年〜
東証1部上場企業のメンタルケア研修を担当

〜2020年〜
コロナうつへの取り組みがTV・全国雑誌・新聞などで取り上げられる。

〜2021年〜
メンタルサポートここころ2号店オープン
新型コロナ感染予防対策に力を入れたカウンセリングルームを札幌にオープン。

 大きなことを記載しましたが、私の主なお仕事は日々のカウンセリングです。

 1年間に1500件以上のカウンセリングを行い、現在までに10,000件を超える相談を受けてきました。気軽に相談できるような身近なカウンセリングルームを目指し、これからも取り組んでいきます。苦しいと思った時に、相談が出来るようなカウンセリングルームでありたいと考えています。

 小さなカウンセリングルームなので、時間枠にも限度がありますがこれからも「当日予約」は大切に考え取り組んでいきます。

 今回の店舗では、当日予約を利用しやすいように、LINE予約システムを採用しました。当日の2時間前まで予約出来るのが特徴です。

 ひとりで抱えず、気軽にご相談いただけたらと考えています。

メンタルサポートここころ

代表 中山裕介

LINE予約はこちら